イベント

コース

iDC/ISP/CATV サーバ編

2009年8月27-28日、12月17-18日【2日間集中セミナー】
(1日目:13:00-18:00/2日目:9:00-15:00)

■講師紹介

國武功一國武功一(株式会社ビーコンエヌシー)
1997年 三菱電機情報ネットワーク株式会社入社。株式会社ドリームトレインインターネットへの出向、グルーオンパートナーズ株式会社、株式会社ネットワーク技術研究所(RINT)、アンカーテクノロジー株式会社を経て、現職。IDCの運用等を行なう。Linux IPv6 Stack開発を目的としたUSAGI Projectのコアメンバー。


■【講義概要】

一般的なサーバ運用で利用されるアプリケーションをIPv6のネットワーク環境でも動作させるために必要な技術について学んだ後、実際にLinux Serverを用いた設定を体験します。

講習内容 DNS/SMTP/WWW/NTP等の基礎知識と設定と運用。リソースや死活監視方法やセキュリティ設定。
利用機材 PCサーバ/Linux OS
対象者 Linuxサーバの管理経験者、vi/emacsが使える
募集人数 各回16人

■時間割

1日目


題目 内容
1コマ目 (座学) IPv6の主な特徴や基礎知識について再確認します。
  • IPv6の主な特徴
  • アドレス表記・体系について
  • DualStackの挙動
  • DNSのIPv6対応とは
  • 経路設定について(ルーティングの基礎)
2コマ目 (座学およびハンズオン) サーバ設定を前に、基本的な設定コマンドを説明し、 実際にサーバの基本設定を実習していただきます。 また、オープンソースの監視ツールとして、 Nagiosを簡単に紹介します。
  • Nagiosおよびその設定
  • IPv4/IPv6 アドレスの設定について
  • 経路設定について(ルーティングの基礎)
  • 設定ファイルについて
  • 接続確認について
3コマ目 (実習) CentOS(RedHat系ディストリビューション)を用いて、 実際にサーバのセットアップを行っていただきます。
  • ウェブサーバの構築
  • メールサーバの構築
  • NTPサーバの構築
  • DNSサーバの構築

2日目


題目 内容
1コマ目 (座学) セキュリティについて
運用において、IPv6を使う上で、フィルタしてはいけないパケットや、 アクセス制御について触れます。
  • パケット種別
  • Path MTU Discovery
  • パケットフィルタリングについて(ip6tables)
  • その他ACLについて
2コマ目 (実習) 実際に、ip6tablesを用いたパケットフィルタリングや、 tcp_wrappersによる、アクセス制御などを実習していただきます。
3コマ目 (座学) 主に実運用における問題点とその回避方法などについて触れます。
  • 逆引き問題
  • SMTP問題
  • アドレス自動設定について
  • 監視について

上記の日程及び内容は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

IPv6オペレータ育成プログラム

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォーステストベッドのご案内

What's IPv4 Exhaution

World IPv6 launch

参加団体

  • ICT教育推進協議会
  • IPv6普及・高度化推進協議会
  • 財団法人インターネット協会
  • 情報通信ネットワーク産業協会
  • 財団法人全国地域情報化推進協会
  • 財団法人地方自治情報センター(LASDEC)
  • 社団法人テレコムサービス協会
  • 社団法人電気通信事業者協会
  • 財団法人電気通信端末機器審査協会
  • 社団法人日本インターネットプロバイダー協会
  • 社団法人日本ケーブルテレビ連盟
  • 一般社団法人日本ケーブルラボ
  • 特定非営利活動法人日本データセンター協会
  • 財団法人日本データ通信協会
  • 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
  • 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
  • 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会
  • 日本UNIXユーザ会
  • 株式会社日本レジストリサービス
  • 財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
  • WIDEプロジェクト
  • 総務省

スタッフ用ページ

このページのトップへ