概要

目的

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースは、 IPv4アドレスの在庫枯渇の危機を共有し、 既に社会基盤として重要な役割りを果たしているインターネットやその上で行われているビジネスに多大な影響を及ぼす可能性があることを認識した上で、 その対策と対応について、 インターネットに関わる各プレーヤーが連携・協力して推進するために、 総務省を含むテレコム/インターネット関連団体によって発足されました。

タスクフォースの活動は、IPv4アドレス枯渇の影響を、 ネットワークシステムに係わる様々な立場から検証すると同時に、 それらの立場の人たちが対策の必要性を認識して、 対策のための情報共有が円滑に行われることを目的としています。

各団体は、それぞれの機能とリソースを結集し、 IPv4アドレス枯渇以降も、 インターネット及びインターネット上でのビジネスが継続していけるよう、 互いに協力し合い積極的に対策を講じていく所存です。


PDF 当タスクフォースにつきまして


組織概要

■名称:IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
■発足日:2008年9月5日
■代表:江崎浩IPv6普及・高度化推進協議会専務理事/東京大学
■副代表:荒野高志IPv6普及・高度化推進協議会常務理事/株式会社インテック
■参加団体:テレコム/インターネット関連21団体および総務省(2011年11月25日現在)
チャーター:(2013年4月1日現在)
■活動:
以下の各分野ごとのワーキンググループによる検討・活動と、 月に1回程度の全体会合による情報交換、成果の共有を行っています。 検討・活動の成果は、 本Webサイトやイベント等の機会を利用して公開していきます。
ワーキンググループ一覧表

クリックすると拡大します。

事務局に関して

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース事務局
(IPv6普及・高度化推進協議会事務局)
〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目1番16号芝大門MFビルB1階(株式会社イーサイド内)
TEL 03-6435-8789  FAX 03-6435-8790
URL:http://www.kokatsu.jp/



IPv6オペレータ育成プログラム

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォーステストベッドのご案内

What's IPv4 Exhaution

World IPv6 launch

参加団体

  • ICT教育推進協議会
  • IPv6普及・高度化推進協議会
  • 一般財団法人インターネット協会
  • 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会
  • 一般財団法人全国地域情報化推進協会
  • 財団法人地方自治情報センター(LASDEC)
  • 社団法人テレコムサービス協会
  • 一般社団法人電気通信事業者協会
  • 一般財団法人電気通信端末機器審査協会
  • 一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会
  • 一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟
  • 一般社団法人日本ケーブルラボ
  • 特定非営利活動法人日本データセンター協会
  • 一般財団法人日本データ通信協会
  • 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
  • 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
  • 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会
  • 日本UNIXユーザ会
  • 株式会社日本レジストリサービス
  • 公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
  • WIDEプロジェクト
  • 総務省

スタッフ用ページ

このページのトップへ