イベント

イベント

ITPro EXPO 2011の「IPアドレス枯渇対策ワークショップ」で11の講演を行います


タスクフォースは、ITPro EXPO 2011に協力し、「IPアドレス枯渇対策ワークショップ」にて11の講演を行います。ぜひ、お運びください。協力している講演については、表の内容をご覧ください。

■「IPアドレス枯渇対策ワークショップ」開催概要
 開催日:2011年10月12日(水)~14日
 場所:東京ビッグサイト 東4-6展示ホール
 参加費:2,000円(消費税込、事前登録者は無料
 主催:日経BP社
 URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2011/org/ipv4.shtml


時間帯 講演者 講演タイトルおよび資料 概要 関連記事
10月12日(水) 12:40-13:00 インテック/IPv6普及・高度化推進協議会 移行WG アプリケーションのIPv6対応検討SWG
廣海緑里氏
アプリケーションのIPv6対応について
(PDF, 506KB)
IPv6環境が広がりつつある今、ネットワークだけではなく、それを意識したアプリケーション開発も求められています。ここでは、アプリケーションのIPv6対応に対象を絞って解説します。 IPv6対応アプリ開発のポイント教えます---インテックの廣海氏
13:20-13:40 アラクサラネットワークス株式会社
新善文氏
新しいインターネットがやってくる!~今後のビジョン~
(PDF, 1.04MB)
インターネット基盤は、実に多くの要素技術で構成され、各技術はおのおのが進化を続けています。IPv6時代を迎えようとしている、今後のインターネットのビジョンについて語ります。 「IPv6は今、ジュラ紀に入った」---アラクサラネットワークスの新氏
14:00-14:20 KDDI株式会社
鶴昭博氏
auひかりのIPv6対応について
(PDF, 1.06MB)
APNIC/JPNICにおけるIPv4アドレス在庫枯渇の発表後いち早くIPv6対応を実現したauひかりを題材に、IPv4/IPv6デュアルスタックによるインターネット接続サービスの概要と、世界的に行われたIPv6の利用実験(World IPv6 Day)の結果について説明します。 「World IPv6 Dayでは賞賛をいただきました」---KDDI 鶴氏
14:40-15:00 株式会社インターネットイニシアティブ
松崎吉伸氏
「World IPv6 Day」を経てわかったこと
(PDF, 702KB)
IPv6対応を促し、その問題点を浮き彫りにすることを目的に開催された世界的イベント「World IPv6 Day」。皆様にも知っておいてもらいたい、得られた知見を共有し、今後のインターネット環境についても考えていきます。 「ソフト開発者が想定しない環境で問題が発生」---IIJ松崎氏がWorld IPv6 Dayの成果報告
10月13日(木) 13:00~13:30 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース/テレコムサービス協会
今井恵一氏
基調講演「アドレス枯渇で変わるインターネット」
(PDF, 1.15MB)
インターネットのアドレス枯渇について、全体像や現状について、やさしく解説します。 「国内でのIPv6本格普及は2013~2014年と予測」---IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースの今井氏が講演
14:00~14:30 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
今井恵一氏
前村昌紀氏
今さら聞けないQ&Aコーナー:基礎編「アドレス枯渇対策とIPv6移行のイロハ」
(PDF, 512KB)
「アドレスが枯渇するとインターネットが使えなくなるの?」「IPv6ってIPv4と何が違うの?」といった基本の基本について丁重に回答します。会場からの質問にもお答えします。 「アドレス枯渇の素朴な疑問に答えます」---IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースがQ&Aセッション
15:00~15:30 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
荒野高志氏
今井恵一氏
今さら聞けないQ&Aコーナー:応用編「企業ネットの対策:どこからどう手を付ける?」
(PDF, 656KB)
「もう対策を始めたほうがいいの?」「機器やサービスはそろっているの?」といった現場の疑問について具体的に回答します。会場からの質問にもお答えします 「ユーザー企業にとってのアドレス枯渇の課題とは」---IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースのQ&Aセッション応用編
10月14日(金) 12:40-13:00 インテック/IPv6普及・高度化推進協議会 移行WG アプリケーションのIPv6対応検討SWG
廣海緑里氏
アプリケーションのIPv6対応について
(PDF, 506KB)
IPv6環境が広がりつつある今、ネットワークだけではなく、それを意識したアプリケーション開発も求められています。ここでは、アプリケーションのIPv6対応に対象を絞って解説します。 IPv6対応アプリ開発のポイント教えます---インテックの廣海氏
14:00~14:20 アラクサラネットワークス株式会社
新善文氏
新しいインターネットがやってくる!~今後のビジョン~
(PDF, 1.04MB)
インターネット基盤は、実に多くの要素技術で構成され、各技術はおのおのが進化を続けています。IPv6時代を迎えようとしている、今後のインターネットのビジョンについて語ります。 「IPv6は今、ジュラ紀に入った」---アラクサラネットワークスの新氏
14:20~14:40 財団法人地方自治情報センター(LASDEC)
永野恵寿氏
電子自治体推進における、IPv4アドレス在庫枯渇緊急対策ガイドについて
(PDF, 2MB)
IPv4アドレスの枯渇に対する地方公共団体としての対応について、今年2月に地方自治情報センターが取りまとめた「IPv4アドレス在庫枯渇緊急対策ガイド」についてお話します。地方公共団体にとどまらず、一般企業の方にも役立つ内容です。 IPv6への移行を進めている市区町村はわずか0.7%---LASDECの永野氏
14:40~15:00 株式会社インターネットイニシアティブ
松崎吉伸氏
「World IPv6 Day」を経てわかったこと
(PDF, 702KB)
IPv6対応を促し、その問題点を浮き彫りにすることを目的に開催された世界的イベント「World IPv6 Day」。皆様にも知っておいてもらいたい、得られた知見を共有し、今後のインターネット環境についても考えていきます。 「ソフト開発者が想定しない環境で問題が発生」---IIJ松崎氏がWorld IPv6 Dayの成果報告

IPv6オペレータ育成プログラム

IPv4アドレス枯渇対応タスクフォーステストベッドのご案内

What's IPv4 Exhaution

World IPv6 launch

参加団体

  • ICT教育推進協議会
  • IPv6普及・高度化推進協議会
  • 財団法人インターネット協会
  • 情報通信ネットワーク産業協会
  • 財団法人全国地域情報化推進協会
  • 財団法人地方自治情報センター(LASDEC)
  • 社団法人テレコムサービス協会
  • 社団法人電気通信事業者協会
  • 財団法人電気通信端末機器審査協会
  • 社団法人日本インターネットプロバイダー協会
  • 社団法人日本ケーブルテレビ連盟
  • 一般社団法人日本ケーブルラボ
  • 特定非営利活動法人日本データセンター協会
  • 財団法人日本データ通信協会
  • 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
  • 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
  • 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会
  • 日本UNIXユーザ会
  • 株式会社日本レジストリサービス
  • 財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
  • WIDEプロジェクト
  • 総務省

スタッフ用ページ

このページのトップへ