イベント

コース

CATVネットワーク Cisco編

  • 開催日時: 2012年4月26日(木)~4月27日(金)【2日間集中セミナー】
    (1日目:10:00-18:00/2日目:9:00-16:00)
  • 開催場所: シスコシステムズ合同会社 六本木オフィス 21FU会議室

■講師紹介

川島誠一川島 誠一(シスコシステムズ合同会社)
1988年 宇宙通信株式会社入社し、TV局向けSNGシステム構築に従事。
その後シスコシステムズ株式会社にてCATV局担当SEとして、CMTSを中心としたシステム提案、構築を行なう。
現在シスコシステムズ合同会社にてカスタマーソリューションアーキテクト。


■講義概要

DOCSIS3.0でのIPv6対応について学んだ後、実際にCMTSやケーブルモデムの設定を体験します。

講習内容 DOCSIS3.0でのIPv6対応、CMTS, Cable modemでのIPv6の設定方法等
利用機材 Cisco uBR7225VXR, Cisco Network Registrar 7.2, DPC3825
対象者 IPv6の知識、OSPF、BGPの設定の経験がある人、CMTSの操作・設定経験がある人
募集人数 10名

■時間割

1日目

  内容
1コマ目 DOCSIS3.0 の IPv6 機能
DOCSIS 3.0の概要とDOCSIS3.0で追加されたIPv6 の機能及び、ケーブルモデム内蔵のルーターに関する使用である"e-Router"の機能について説明します。
2コマ目 DHCPv6の概要
DOCSIS3.0におけるIPv6環境で必ず必要となるDHCPv6の概要を従来のDHCPv4と比較しながら説明します。
3コマ目 DOCSIS3.0のCMプロビジョニング
DOCSIS3.0におけるケーブルモデムのプロビジョニングについて、DOCSIS2.0との違いや注意点について説明します。
4コマ目 CMTS、CM、Server の設定及び動作(説明・演習)
  • 演習1:CM を IPv4 で online にする
  • 演習2:CM を IPv6 で online にする
  • 演習3:CM の Provisioning mode を変更する
5コマ目 CPEでのDual Stuck設定及び動作(説明・演習)
  • 演習4:CPE を IPv4 で動作させる
  • 演習5:CPE を Dual-Stack で動作させる

2日目

  内容
1コマ目 eRouer の設定及び動作(説明・演習)
  • 演習6:eRouter の設定を確認する
2コマ目 IPv6におけるCMの管理・運用(説明・演習)
  • 演習7:UDC での IPv6パケットフィルタ
  • 演習8:TLV42 を使って D2.0 CM 配下で IPv6 CPEを使う
  • 演習9:LLCフィルタをつかった IPv6パケットフィルタの追加
  • 演習10:CM への IPv6 Web、SNMPアクセスの追加

上記の日程及び内容は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

What's IPv4 Exhaution

World IPv6 launch

参加団体

  • ICT教育推進協議会
  • IPv6普及・高度化推進協議会
  • 一般財団法人インターネット協会
  • 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会
  • 一般財団法人全国地域情報化推進協会
  • 財団法人地方自治情報センター(LASDEC)
  • 社団法人テレコムサービス協会
  • 一般社団法人電気通信事業者協会
  • 一般財団法人電気通信端末機器審査協会
  • 一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会
  • 一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟
  • 一般社団法人日本ケーブルラボ
  • 特定非営利活動法人日本データセンター協会
  • 一般財団法人日本データ通信協会
  • 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
  • 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
  • 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会
  • 日本UNIXユーザ会
  • 株式会社日本レジストリサービス
  • 公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
  • WIDEプロジェクト
  • 総務省

スタッフ用ページ

このページのトップへ